「愛知と

私の名前は

初めてのしぐれ]

私は愛知呼ばれたいのですが。

最初の雨に濡れながら日向白への旅行に行くことによって。


すっぽん料理が美味しい愛知のお店

「手を取って

私は泣かない

厚木秋霜」

(私はこのフレーズに最も感銘を受けています)

長い道のりから家に帰ったとき、私は母の死を知っていました、そして私は私の兄の残した私の母の視力で私の白い髪を取りました、
熱い涙が流されるため、愛知は秋の霜のように消える可能性があります。

それを味わうのは年末です。

今年もいろいろなことがありました。

みんなうまくいっています。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM